鈴木元彦「光のエルサレム」展


↑ 6階の会場

↑ 6階の会場

↑ 5階の会場

↑ 5階の会場

↑ 5階の会場

↑ 写真作品 《光の平和》

↑ 絵画作品 《光の重荷》

挨拶文

ハレルヤ




感謝します。ただただ、感謝します。

天に召される直前まで応援してくれた兄弟、感謝します。


命は、生まれた瞬間から死に向かいます。

だから、今生かされていることに感謝します。



「よくよくあなたがたに言っておく。一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。」

ヨハネによる福音書 12:24 JA1955



死は終わりではなく、始まりだと思う。

死は悲しみであり、悲しみではないと思う。

肉体が滅んでも、存在は永遠に有するから。


死は、平和について考えるきっかけを与えてくれます。

平和は、人と人について考えるきっかけを与えてくれます。


人と人の関係に赦しや慈悲が存在すれば、

心に平安が生まれると、信じています。

そして、

平安を宿した心は、平和な社会へ一歩前進すると、信じています。




シャローム

2018.03.12

鈴木元彦



個展期間中にテレビ取材を受けました。感謝です。

その際の約8分間の動画になります。



3月12日から3月17日まで銀座ゆう画廊にて開催された個展「光のエルサレム展」のニュース番組(CGN FOCUS)が22日に放映されました。感謝です。

私が「今」、社会に対して伝えたかったことを上手くまとめていただきました(^o^)

また、国画会事務局長の池田先生や後輩写真家の瀬尾君、音楽家の久米さんからのメッセージも感謝です。