テレビ番組「本の旅」に出演します!

 

 ハレルヤ

 

 

この度、「徹子の部屋」のような対談形式の番組「本の旅」(CGNTV)に出演させていただくことになりました。関東が4年振りの大雪の日に収録が行われた番組内で、昨年出版させていただきました著書『東京の名教会さんぽ』(エクスナレッジ)をご紹介しました。CGNTVとは、全世界174ヶ国で衛星とインターネットで番組を放映しているテレビ局になります。放映後はYouTubeにてもアーカイブを見ることができます。

「本の旅」は、昨年の春頃にも出演させていただきましたので今回が2度目になります。当番組の司会進行は、現在音楽宣教師としてご活躍なさっている久米小百合になります。「異邦人」でも有名な元シンガーソングライターの久保田早紀です。久米さんの最近のご活動は、2018年1月12日放映にNHK 教育 テレビ「あしたも晴れ!人生レシピ」で知ることができ、その内容はYouTubeに投稿されていました。下記ののURLになります。

 

名曲「異邦人」を超えて ~音楽宣教師 久米小百合~

https://www.youtube.com/watch?v=6DuHXq4rwG0

 

 

収録のために事前に原稿を用意しておりましたが、久米さんと話し(交わり)をしている時間がとても楽しいこともあり、何台ものカメラの存在やピンマイクの存在を忘れ、原稿を一切見ることなく、久米さんの質問に対して思うがままに答えてしまいました。今では何を話したかあまり覚えておりません(笑)し、私自身一視聴者としてリアルタイムで番組を初めて見ます。

著書『東京の名教会さんぽ』を通して、主の証しができれば幸いです。

 

そういえば、本書に対する嬉しい感想が綴られたはがきをいただいておりながらお目にかかるのが初めてであった前青山学院院長の先生と交わりの時を今週にもつことができました。その際に「素敵な写真もさることながら文章を素晴らしい……何人もの知人に本書をさせていただきました」などと話していただき感謝でした。

 

御幣を恐れずに話すならば、本書は社会に開かれている教会を一人でも多くの人に知ってもらいたい、教会がさんぽ感覚で訪れられるような身近な存在でありたい、心も身体を疲弊している方に対していつでも門を開いている教会があることを知ってもらいたい。防犯上や人材的な問題で平日に門を閉じている教会もありますが、可能な限り教会は誰に対しても、どんな人に対しても門を開いていなければならないと考えます。それが主がご自身の身をもって私たちに教えてくれた「慈悲」だと考えます。

 

 

番組名:本の旅

放映日:2018年2月22日(木)

放映時間:21時10分から21時55分頃まで(約45分) 

インターネットによる放映は、下記のURLから見られます。

http://japan.cgntv.net/HD_player_jp.html

 

アーカイブは、YouTubeかも見られます。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLYamdtAmvO0aI-IuOqr107YxdCC1pfzKx

 

 

 

 

シャローム

鈴木元彦

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload