top of page

BLOG

現代版隠れキリシタンは総人口の1割!?戦国時代から明治時代のキリスト教史


現代版隠れキリシタンは総人口の1割!?戦国時代から明治時代のキリスト教史

現代版隠れキリシタンは総人口の1割!?戦国時代から明治時代のキリスト教史

激動の戦国時代(中世)から安土桃山時代(中世)、そして、江戸幕府(近世)、明治時代(近世)の時代背景には、キリスト教史が存在します。さらに、大正、昭和、平成、令和と続きます。

日本の人口全体に占めるキリスト教徒人口は、わずか1%前後であり、超マイノリティでありながら、鈴木範久氏は、その10倍以上もの評価があると考えているようです。確かに、日本には、キリスト教の大学や幼稚園などが数多くあることから、教会に行っていなくても、幼少期や思春期に毎日礼拝を捧げていたとか、クリスマス劇である「ページェント」を毎年楽しみにしていたとか、現代版の隠れキリシタンとでもいえるような方々と数え切れないほど出会ってきた経験から、1%の数値以上の影響を及ぼしていると感じていた。鈴木範久氏は、自著の中で次のように述べている。


詳細は、こちら

閲覧数:0回
bottom of page