BLOG

聖書について

 聖書は、神と人間との歴史における出会いの物語である。この体験物語は、東地中海の諸国を舞台に、アブラハムとその子孫を中心に展開し、千有余年に及ぶ。唯一神への信仰は、紀元一世紀の終わりには、東地中海のあらゆる国に向けられ、多くの民族に、ついに世界に伝えられることになる。

 ヘブライ語、アラム語、ギリシア語の三か国語で記されている聖書は、この神体験の集大成である。キリスト教では、これらの文章は旧約聖書と新約聖書の二つにまとめられている。旧約聖書は、アブラハムの子孫であるイスラエル民族と神の関係を述べている。神は、この民をエジプトでの奴隷状態から解放し、シナイ山で契約を結び、約束の地カナンを与え、さらにその後の歴史の歩みによって自らを知らせる。そこには、神による救いの体験に基づて、未来の決定的な救い主を待望させる数々の劇的な物語も織り込まれている。

 新約の信徒の一人であるパウロは、「コ...

Please reload

Motohiko David Suzuki

T 090-9835-2764 | E info@motohiko-suzuki.com | W www.motohiko-suzuki.com

 

Copyright © 2013-   Motohiko David Suzuki   All Rights Reserved.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸