BLOG

この度、日本CGNTVのセミナー番組「キボウのトモシビ」に出演させて頂きました。感謝です。

1868(明治元)年、世界遺産モン・サン・ミッシェルで有名なノルマンディー地方出身のマルコ・マリ・ド・ロ神父(1840~1914)は28歳で、「信徒(隠れキリシタン)発見」を成し遂げたプチジャン神父と共に長崎に渡来した。そして天に召されるまでの46年間、一度も帰国することなく、伝道と社会事業に終生貢献した。

突然、スペイン・マドリードから国際便が届きました。よく分からず封書を開けてみると、A.M.S.C.(国際美術評論家選考委員会)スペイン本部5名の総意として、私の作品を美術書『アートメゾン・インターナショナル』に掲載を推薦する内容でした。紙面には、「作品に感じられる精神性の高さ」と、スペイン語と日本語訳で書いてありました。

The 11th Christmas Love Concert アジアの恵まれない子供達へのチャリティコンサート「第11回クリスマスラブコンサート」

九州の最先端に位置する五島列島。キリシタン弾圧から逃れてきた人々は、過酷な迫害にも屈せずに強い精神を持ち続けながらも、心身の苦労はもちろんのこと、経済的にもどん底まで落とされていた。「棄教する」と言えばそれらの苦しみから逃れることができたが、その一言を口にしなかった。

今週の土曜日(5月19日)に日本福音学校新宿校にて「教会建築」の講義を行います。誰でも当日の参加が可能です。

この度、歴史ある美術団体「国画会」の公募展「第72回国展」(国立新美術館)で「準会員優作賞」(作品《光の聖堂》)を受賞させていただきました。

日本で最初のキリシタン大名大村純忠(1533~1587)が治めていた長崎県外海地方では、キリシタンたちは徳川幕府が発布したキリシタン禁教令による1614年の長崎の教会弾圧にもめげず、根強く潜伏し、信仰生活を守り続けてきた。

個展期間中にテレビ取材を受けました。感謝です。 その際の約8分間の動画は、下記のURLから見られます。 http://japan.cgntv.net/detail.php?number=2304&category=1079

フランシスコ・ザビエルから洗礼を受けた九州の戦国大名大友宗麟(1530~1587)は、細川ガラシャの墓(高桐院)があることでも有名な京都市北区の臨済宗の禅寺・大徳寺に瑞峯院を建てた。

栃木県と福島県の境界に位置する那須山の裾野で隠世共住修道生活をしている修道女たちがいる。

オレンジ色の囚人服を着せられた後藤健二兄弟がIS(の戦闘員の前に跪かされた映像を撮らされたあの日から3年の月日が流れました。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地エルサレムで暮らす人々の日常は、「平和」であった。私たちの日常と変わらなかった。

この度、「徹子の部屋」のような対談形式の番組「本の旅」(CGNTV)に出演させていただくことになりました。

Motohiko David Suzuki “Jerusalem of the Light” | この度、来年(2018)の3月12日(月)から3月17日(土)に、銀座三丁目に位置している「ゆう画廊」にて、個展を開催することになりました。

Please reload

Motohiko David Suzuki

T 090-9835-2764 | E info@motohiko-suzuki.com | W www.motohiko-suzuki.com

 

Copyright © 2013-   Motohiko David Suzuki   All Rights Reserved.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸